頭部(脳) むち打ち 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉

損保は被害歩行者過失25%主張→弁護士交渉で無過失認定

[事例260]
ご依頼者様 20代男性 (学生)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
680
万円
680

獲得!
賠償金 提示前680万円680万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状 外傷性クモ膜下出血、顔面挫創、びまん性脳損傷、
頚椎捻挫等
受傷部位 頭部(脳)、顔、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 約8ヶ月/治療中
争点 後遺障害等級認定、過失割合、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 なし

事故発生状況

Aさんが横断歩道付近を歩いていたところ、車に轢かれてしまった事故です。

ご相談いただいた背景

Aさんのご家族から、「家族が大怪我を負ったので、保険会社対応をお願いしたい」とのご連絡をいただき、ご相談に至りました。

結果

損保の被害者過失主張を排斥しゼロにし、後遺障害は12級14号にて示談金680万円超獲得できました。

解決のポイント

事故直後あたりからのご依頼でした。極めて重症の案件でしたが、無事に徐々に回復していかれました。特に、脳へのダメージが相当程度回復されたことは喜ぶところです。
もっとも、顔へのダメージがあり、それが元で後遺障害等級を獲得できました。

続けて交渉したところ、損保は当初、逸失利益を全く認めず、横断歩道上を一部歩いていない箇所があったことを元に、25%の過失を付けられました。
しかし、事故状況を元に主張立証をしたところ、最終的に無事に過失割合0となりました。

また、男性(今回の被害者)の醜状逸失利益については、現実的にはなかなか認定されることはありませんが、多数の前例を元に交渉をしていった結果、一定程度の逸失利益が認定され、慰謝料についても結果的に満額付近で示談することが出来ました。

多数の前例を元に、粘り強く譲歩案を出すように交渉していくと、難しい事案でも一定程度の結果が出ると言えます。

関連する解決事例
[事例25] 取得金額 263 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 後遺障害等級認定 過失割合 裁判
過失割合の争いで訴訟 保険会社主張4割⇒2割にて和解
[事例54] 取得金額 746 万円
上肢 下肢 後遺障害等級9級 後遺障害等級認定 過失割合 弁護士費用特約 示談交渉
20代男性 外貌醜状で9級 示談金約750万円を獲得した事例
[事例208] 取得金額 370 万円
むち打ち 後遺障害等級14級 示談金増額 過失割合 示談交渉
被害者側の過失を主張する相手に、被害者:加害者=0:10で解決
関連するよくある質問
[質問15] 過失割合について揉めている相手方が治療費を出してくれません
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問44] 醜状障害でも逸失利益は認められますか?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。