上肢 むち打ち 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 示談交渉

20代女性、足趾の障害等で12級認定、賠償金870万円超(過失相殺2割)

[事例253]
ご依頼者様 20代女性 (会社員)
保険会社の提示額
ご依頼後
※保険会社から
提示される前の
ご依頼
870
万円
870

獲得!
賠償金 提示前870万円870万円獲得
後遺障害等級 後遺障害等級12級
症状 頚椎捻挫、第1趾末節骨骨折
受傷部位 上肢、むち打ち
治療期間/受任時の治療状況 約8ヶ月間/治療中
争点 後遺障害等級認定、示談交渉
解決方法 示談交渉
過失割合 20%

事故発生状況

Aさんは、片側2車線の左車線をバイクで走行中、右車線から急に進路変更してきた加害車両に衝突されました。

ご相談いただいた背景

Aさんは骨折も負っていましたので、まだ治療中ではありましたが、後遺症が残ることも想定し、「もし後遺症が残るならしっかりと後遺障害等級をとっていきたい。その後の交渉も弁護士に依頼したい。」というご意向でご相談にいらっしゃいました。

結果

足の骨折による後遺症と、むち打ちによる症状で併合12級が認定されました。

後遺症逸失利益は当方の請求額の満額、慰謝料については9割を獲得することができました。

解決のポイント

治療終了近くになってからのご依頼でした。相談内容を伺ってみると、足趾の可動域制限がありそうであったので、慎重に対応した方がいいと考え、Aさんにも直ぐに可動域を慎重に測定してもらうように伝えました。

その結果もあってか、適時に症状固定とし、無事に可動域制限をメインとする併合12級を獲得いたしました。そして交渉の末、67歳までの逸失利益満額と慰謝料9割にて無事終結を迎えました。

可動域制限は、少しでも基準を満たさないと0になってしまうところです。したがって、骨折などが原因の可動域制限が症状の一つであれば、ぜひお早めに専門家にご相談いただければと思います。

関連する解決事例
[事例1] 取得金額 357 万円
下肢 背骨・体幹骨 後遺障害等級12級 後遺障害等級認定 過失割合 示談交渉
80代男性 可動域制限で後遺障害12級 賠償金350万円超を獲得した事例
[事例10] 取得金額 1,000 万円
上肢 下肢 後遺障害等級12級 示談金増額 労働能力の喪失 示談交渉
男性・会社役員 可動域制限で後遺障害12級認定、賠償金1000万円獲得した事例
[事例36] 取得金額 255 万円
下肢 後遺障害等級11級 示談金増額 示談交渉
可動域制限などの後遺障害を負い併合11級 賠償金2500万円超獲得した事例
関連するよくある質問
[質問31] 後遺障害等級認定とは?
[質問32] 後遺障害の「等級」とは?
[質問40] 後遺障害等級が認定された場合の損害賠償の項目は?
後遺障害等級
ご依頼をお悩みの方も、一度ご相談ください。
初回のご相談は無料です。
まずはお気軽にお問い合わせください。
0120-260-105
【通話無料】電話でのご相談はこちら
平日 9:00〜21:00 / 土日祝 9:00〜19:00
お問い合わせは全国から受け付けております。